ハマり【make[2]: *** [../../.ext/x86_64-linux/fiddle.so] Error 1】

rubyのインストールを行っている時に出たエラーです。

linking shared-object fiddle.so
/usr/bin/ld: ./libffi-3.2.1/.libs/libffi.a(raw_api.o): relocation R_X86_64_32S against `.rodata' can not be used when making a shared object; recompile with -fPIC
./libffi-3.2.1/.libs/libffi.a: could not read symbols: Bad value

BUILD FAILEDcollect2: error: ld returned 1 exit status
make[2]: *** [../../.ext/x86_64-linux/fiddle.so] Error 1
make[2]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150102012253.761/ruby-2.2.0/ext/fiddle'
make[1]: *** [ext/fiddle/all] Error 2
make[1]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150102012253.761/ruby-2.2.0'
make: *** [build-ext] Error 2
 (Amazon Linux AMI 2014.09 using ruby-build 20141225-3-g1c0509a)

Inspect or clean up the working tree at /tmp/ruby-build.20150102012253.761
Results logged to /tmp/ruby-build.20150102012253.761.log

Last 10 log lines:
make[3]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150102012253.761/ruby-2.2.0/ext/fiddle/libffi-3.2.1'
linking shared-object fiddle.so
/usr/bin/ld: ./libffi-3.2.1/.libs/libffi.a(raw_api.o): relocation R_X86_64_32S against `.rodata' can not be used when making a shared object; recompile with -fPIC
./libffi-3.2.1/.libs/libffi.a: could not read symbols: Bad value
collect2: error: ld returned 1 exit status
make[2]: *** [../../.ext/x86_64-linux/fiddle.so] Error 1
make[2]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150102012253.761/ruby-2.2.0/ext/fiddle'
make[1]: *** [ext/fiddle/all] Error 2
make[1]: Leaving directory `/tmp/ruby-build.20150102012253.761/ruby-2.2.0'
make: *** [build-ext] Error 2

続きを読む ハマり【make[2]: *** [../../.ext/x86_64-linux/fiddle.so] Error 1】

capistrano+gitでソースコードのデプロイサーバ構築③(capistranoのインストール)

今回は、capistrano+gitでソースコードのデプロイサーバ構築①で構築したデプロイサーバにcapistranoのインストールを行いたいと思います。

capistranoはrubyで動作するもので、元からyumでインストールされているrubyを使ってそのままcapistranoのインストールを行ったところエラーが出ることがあったため、rbenv(rubyのバージョンを切り替えてくれるものらしい)とruby-buildというのを使ってrubyをインストールしたいと思います。

ということで構築後の環境はデプロイサーバ内に
・git 2.1.0 (①でインストール済み)
・rbenv 0.4.0-129-g7e0e85b
・ruby-build 20141225-3-g1c0509a
・ruby 2.2.0p0
・capistrano 3.3.5
というミドルウェアをインストールしていきます。
続きを読む capistrano+gitでソースコードのデプロイサーバ構築③(capistranoのインストール)